情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)認定のお知らせ

平素より、ゆるりアドバイザリーサービスに格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、経済産業省が取り組む、中小企業のIT活用を支援するITベンダーなどを対象に、経済産業大臣が認定を行うスマートSMEサポーターとして、ゆるりアドバイザリーサービスが認定登録されましたので、ご案内いたします。

情報処理支援機関に認定されました
認定番号:第5号‐19060019
(2019年6月28日 認定)
認定有効期限: 2022年06月27日

人手不足下における中小企業者等の生産性向上が求められる中、中小企業者等の生産性向上・経営基盤強化のために、2018年7月9日に「中小企業等経営強化法」の一部改正が施行され、中小企業の生産性向上に資するITツールを提供するITベンダー等を「情報処理支援機関」として認定する制度が創設されました。

認定制度は、中小企業者等の生産性を高めるためのITツールを提供するITベンダー等を情報処理支援機関として認定することにより、中小企業者等が使いやすいITツールの開発を促すとともに、中小企業者等にとってITベンダーやITツールを選定するために必要な情報を取得できるための支援体制を整備するものです。

なお、本制度及びITの利活用が中小企業者等に浸透することを期待して、認定された情報処理支援機関の愛称を「スマートSMEサポーター」とし、認定された情報処理支援機関には登録番号入りのロゴマークが提供されます。

公式の紹介用リーフレット(PDF版)はこちらからご覧いただけます。
https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/gijut/2019/191211smeleaflet.pdf

SMEサポーター

スマートSMEサポーター