パソコンのキッティング作業

パソコンのキッティングを、依頼されるケースも増えてきました。

中小企業の経営者には、何かと面倒な作業です。

キッティングとは

購入したパソコンが使えるように、設定したり、必要なソフトウェアをインストールしたり、使える状態にすることを意味します。

かつて、windows3.1が登場した頃、半期300台近いパソコンの導入を行っていた経験が生かされるわけですから、人生なんでも無駄なことは無いとつくづく思います。

ちょっとした故障も直します

パソコンのキッティング作業を行っていると、様々な問いかけが出てきます。

・新しいパソコンが欲しいが安く購入できるか?
・最近パソコンの調子が悪いが見てもらえないか?
・OFFICEのライセンスがちょっと心配?
・A3対応のプリンターが欲しい
・インターネットが遅い

さまざまです。

パソコンが欲しいについては、過去に書いた「パソコン購入金額の妥当性について」あたりが参考になると思います。

調子が悪い原因は、ソフトなのかハードなのか、まずは切り分けが必要です。

OFFICEのライセンスが心配な方には、無料で使えるLibreOffice(リブレ)なんかを紹介しています。

プリンターは用途と頻度の確認が必要です。

ネットが遅い原因も、本当にネットなのかパソコンなのか、ルータまでかルータ外か、色々切り分けしていく必要があります。

先日は、ノートパソコンのモニタが突然消えて映らなくなった、とのことで液晶のパネルを外してみたら、本体と液晶のコネクタが外れていました。

いったいどうしたら、こんなところが外れるのか?

事件は現場で起きているとはよく言ったものです。

 

このようなご依頼もアドバイザリー業には、立派なお仕事です。

ノートパソコン